50歳からの転職ガイド

*

50歳の転職者が必要な手続き上の疑問

   

「退社」と「退職」の違いとは…?!

 応募書類のみならずいろいろな書類を書いていて、「退社」と「退職」の使い分けについてあれっ?!と思った50歳のビジネスパーソンも多いでしょう。

 これはどちらでも辞書的には可なのですが、口頭と電話などで混同しないように使い分けているようです。「退社」は1日の勤めを終えて、帰宅するという意味もあります。
 

入社挨拶と自己紹介

 新しい会社に入社したら自分が一番新入りです。50歳なのだという自意識に負けないで、自分から積極的に、つねに笑顔で明るい元気のよい挨拶と自己紹介を率先して行いたいものです。

 「○○に配属されました○○です。どうぞ宜しくお願いいたします」と言ってから頭を下げます。
 

提出する書類

 企業は新しく人を雇ったら、法の定めるところにしたがって、条件を満たしている社員には社会保険に加入させる義務があります。

 「健康保険証」「年金手帳」「雇用保険被保険者証」などの書類が手元にないようなら、役所で再発行しましょう。

 会社によってはもっと他の書類の提出を求めることもありますので、内定したら総務部と週に1回は電話でやりとりを。
 

 - 円満退職と入社手続き

  関連記事

50歳の転職なら円満退職がベスト!

必要な退社手続きって?!  まず直属の上司に口頭で退職の意思表示をする必要があり …

50歳の転職と途中入社がうまくいくコツとは?!

前職の話は極力しない  前職の話は口にしないほうが無難です。  50歳の転職者に …