50歳からの転職ガイド

*

50歳の転職希望者に求められる面接のマナー

   

採用担当からのよくある質問って?!

 面接において必ず聞かれる質問は「なぜこの会社に入りたいと思ったのですか?」「なぜこの職種に就きたいと思ったのですか?」「入社してからどういう風に働きたいと思っていますか?」の3点でしょう。

 あらかじめ企業について情報収集をしてこの3点についてはしっかり答えられるようにしておきましょう。
 

自己紹介は3分以内にまとめよう

 50歳の転職希望者の中には、長々と自分の話を展開するタイプもいますが、自己紹介を求められた場合でも3分以内にまとめるようにしましょう。

 そして自己紹介として必ず自分が入社したら達成することができる目標を具体的に表現するようにしましょう。この年代は“奉仕精神”を訴えると効果が高いです。
 

「志望動機」はこう答えよう

 同業種と異業種の場合で違いますが、異業種の場合は特に、採用担当も「この人は50歳なのに大丈夫かな・・・?!」という不安がありますからそれを払拭するためにも、スキルや体力に問題がないことをアピールするとよいでしょう。

 資格があると強いです。なぜ未経験の職種に挑戦するのか?きちんと説明できないとまずいです。
 

 - 面接突破のコツ

  関連記事

50歳の転職希望者がやってしまいがちな面接の失敗とは?!

自分のことばかり話す  採用担当の話すら遮ってえんえんと自分のしたい話ばかり話す …

no image
50歳の転職希望者に必要な面接対策とは?!

逆質問を用意しよう  面接の最後で採用担当は「何か聞きたいことはありますか?」と …