50歳からの転職ガイド

*

50歳の転職希望者が応募書類を作成する際に悩みがちなポイントとは?!

   

非正規労働者だった期間がありますが・・・

 かつては“職歴”といえば、正社員をしていた期間のことでした。

 しかしこのごろは学校を出てから派遣など非正規労働しか経験のない男女が激増していますので、非正規労働は職歴に入らないとなると職歴が無くなってしまう人が大勢出てきてしまいます。

 応募職種と重なっているようなら構いませんので、積極的に記載しましょう。
 

試用期間で解雇されたことも記載する必要があるの?

 入社してから1か月以内の解雇であれば、記載をする必要ないでしょう。

 というのは1か月以内であれば雇用保険の手続きが済んでいないと考えられるので、会社に記録が残っておらず、書いても書かなくてもばれることがないと考えられるからです。
 

「退職理由」をどう説明するべきでしょう?

 在職中の人であれば退職したい理由ですが、どう説明するべきか?!迷う50歳もいるのではないでしょうか。会社や上司の悪口を書くのは絶対的にタブーです。

 “今の会社とも相談をしてみたが、自分が希望している仕事ができる環境に移ることが難しいため、転職を思案するようになった”と前向きにまとめるべきでしょう。
 

 - 応募書類の作成

  関連記事

no image
50歳の職務経歴書 見られるポイントとは?!

職務経歴書の3つのスタイルとは?!  職務経歴書は50歳の転職希望者にとって最重 …

no image
50歳の転職希望者の履歴書はここが見られる!

「証明写真」は履歴書の顔です!  証明写真は必ず採用担当が一番最初に確認する点で …