50歳からの転職ガイド

*

50歳の職務経歴書 見られるポイントとは?!

   

職務経歴書の3つのスタイルとは?!

 職務経歴書は50歳の転職希望者にとって最重要書類になります。

 求職者が自分の目的にしたがって自由に書いてもよい書類なのですが、基本的には3つのパターン(編年式、キャリア式、フリースタイル式)があります。

 はじめての転職なら編年式がよいでしょう。いきなり清書するのではなく、ノートなどを作って、自分の職歴を時系列に見つめ直すことが必要でしょう。
 

転職回数が異様に多い人の職務経歴書

 転職回数が多い人はキャリア式もしくはフリースタイル式で、自分の志望業界や志望職種によって最適であると思われるスタイルの書類を作成します。

 “何を書いたらいいのかよく分からない・・・”という人はキャリアの棚卸しをしっかり行うと新しい視点が得られるでしょう。
 

とにかく見やすい読み易い書類を!

 採用担当に嫌がられる書類としては、細かい汚い字で紙一杯書いてある・・・というタイプの書類でしょうか。

 職務経歴書は手書きはありえないので、必ずパソコンで作成をするように心がけましょう。

 色つきの紙に印刷するのも不可です。それからA4の用紙に2~3枚くらいで仕上げるようにしましょう。
 

 - 応募書類の作成

  関連記事

no image
50歳の転職希望者が応募書類を作成する際に悩みがちなポイントとは?!

非正規労働者だった期間がありますが・・・  かつては“職歴”といえば、正社員をし …

no image
50歳の転職希望者の履歴書はここが見られる!

「証明写真」は履歴書の顔です!  証明写真は必ず採用担当が一番最初に確認する点で …