50歳からの転職ガイド

*

50歳の理想的な転職の仕方

1、天と地の差がある50歳の転職

 50歳の転職でも会社から早期退職を迫られてする転職と、自分の意思で行う転職とでは天と地の差があります。早期退職の場合は退職金の割り増しや、転職先の支援なども会社などで行ってくれるケースもあります。しかし20代や30代の若い世代とは違い、50歳での転職は医師などよほど特別な資格やスキルがなければ簡単ではありません。

 一方で同じ50歳でも周到な準備期間と計画性を持って行う、転職の場合は理想的な転職を行うことが可能です。この違いはいったい、何なのでしょうか?先ず会社から早期退職を迫られる場合は、転職を考えていなかったので、早期退職をすべきかどうか迷います。さらに最終的に早期退職を受け入れたにしても、50歳での転職には関してはそんなには厳しい認識は持っていません。

 退職金の割り増しもあるし失業手当もあるし、最悪でも1年以内には何処かに転職できると考えています。しかし現実には50代の方の半分以上が、転職できるまでに1年以上掛かっています。さらに全員が正社員として転職できるのではなく、アルバイトや契約社員でしか仕事がなく非正規雇用で働いている方も少なくありません。

2、転職サイトを最大限に利用する

 一方で周到な準備期間と計画性を持って自分の意思で転職を行った方の場合は、在職中に転職サイトなどに登録して時間を掛けて自分の希望するような求人のみに応募しています。実はこの差は大きく転職先がなかなか見つからずに、生活費だけが出ていく状態での転職活動と給料を貰いながら行う転職活動とでは心の余裕も違ってきます。

 それに転職サイトもスカウト機能や人材紹介会社が運営する転職サイトなどいろいろありますが、転職サイトの研究から自分の転職市場の価値まで十分に把握した上で対策を行っています。50歳からの転職も国内だけでなく最近は外資系や、海外で働くグローバルな求人までさまざまです。50歳の理想的な転職を行うためには一つの転職サイトだけでなく、タイプが違う転職サイトに幾つか登録して国内だけでなく、海外も視野に入れることが大事です。

ここがポイント!
●在職中から転職サイトに登録して十分な準備期間と計画性が大事
●転職サイトの研究を行いスカウト機能や転職エージェントを最大限に利用する
●タイプが違う転職サイトに幾つか登録して選択肢と可能性を広げる
●国内だけでなく外資系や海外で働くグローバルな求人も視野に入れる

まとめ

 50歳でも人によって転職に差が出てくるのも、転職に対する認識の差があるからです。転職に成功している50歳の人は、転職サイトを最大限に利用して、周到に転職活動を行っています。今の時代はいつ誰が、早期退職を勧告されるか分からない時代です。早期退職を勧告されてから慌てて転職活動を行うよりも、十分な準備期間と計画性を持って行う転職では、その結果も当然ですが違ってきます。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
50歳の転職希望者の90%が利用するリクナビNEXT!転職パーフェクトガイドやQ&Aなど多くのコンテンツも無料で利用でき、登録して損はない転職サイトです。


公開日:
最終更新日:2015/03/18